結婚費用の平均相場


結婚費用こそみなさんが一番気にするところでしょう。

一生に一度の大切な日だから最高のものにしたい!と思ってもやはり料金は気になるもの。一体いくらくらいが結婚費用としてかかるのでしょうか。

まずそれ以前に「結婚費用」といっても、その中にどんなものが含まれるのかよくわからないままの方もいるのではないでしょうか。まずは結婚費用にはどういう経費や費用がかかるかを調べてみましょう。


結婚費用とは基本的に結納から新生活に入るまでの費用のことをさしているそうです。しかしなかなか経済状況も厳しいカップルもあり、最近は結納や結婚式をしない人も増えているそうです。

まぁそれでも二人で新しく生活を始める準備費用まで全てを含むそうなので、ジミ婚と呼ばれる人も結婚費用はある程度かかると考えておいて差し支えないでしょう。



結婚費用の総額は平均500 万円とか700万円とかいわれているそうです。

あまりの高額に腰が引けますが、これは結納から新居準備までの全てを含んだ金額ですので、それぞれの内訳を見て削れるものはどんどん削ってかまわないそうなので無駄は省いてスリム化していくこともよい結婚式を行うためには必要ですね。

大まかに結婚費用の内訳を記述すると、


●結納金・結納返し・その他 100 〜 150 万円
●挙式・披露宴 250 〜 350 万円
●新婚旅行 70 万円前後
●家具・家電 100 〜 150 万円
●着物・装飾品など 40 〜 70 万円
●住居 ( 賃貸を借りた場合 ) 40 〜 70 万円

=合計 500 〜 710 万円

( 結納金・結納返しは家具や家電代として使われるため、合計には含めていないそうです )
全般的に関西方面のほうが結婚費用はかかるようです。・・・なんででしょうね・・?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クレジットカード 割引価格