結婚のプロポーズ方法


パンプスってもうチェックされましたか?

結婚記念日のプレゼントランキングなんて、当てにならん!の周りで話題になっている、かなり優れもののアイテムです。



結婚を決める時にはやっぱりプロポーズの言葉とシチュエーションが重要ですよね!



言葉は色々あるのでランキングなどを見て、また二人の結婚にいたるまでの経緯を考えて出してもらうとして、シチュエーション!



これは面白いことが好きなカップルにはお勧め!



「シンデレラ風プロポーズ」!!

(木下ゆきなの結婚式でやっていたようですが・・・)





結婚したいと思う女性に男性がガラスの靴を渡して求婚するというシチュエーションです。



ま、友達などの協力も必要ですが・・・・。

このアイテムを知らないのはとても勿体無いと思います。

と言いつつ、結婚記念日のプレゼントランキングなんて、当てにならん!も最近知ったばかりなんですが・・・。

これってどんなアイテムなんだろう、と軽い気持ちで調べてみたら、予想以上に優れもののアイテムでした。



まだご存知でないなんて勿体無いですよ!

ご存知でない方は、是非一度チェックしてみてください。






プロポーズの言葉:「その結婚式は誰のために」


今回も 世界一しあわせな言葉より抜粋してきました(^^)

今回はいつもとちょっと違ったプロポーズです。



「今、俺たちにできることをしよう。お父さんに花嫁姿を見せてあげよう。」

佐伯 浩一さん 20代男性/富山県


昨年8月末に妻の父親がガンを宣告されました。手術できないほどの末期ガンで余命2ヶ月。

当時、妻とは交際2年で両方の親にも公認の付き合いをしていましたが、結婚と言う2文字は2人にはまだありませんでした。

彼女は20歳、私は24歳。世間ではまだ遊びたい年頃。一緒にいることだけが楽しくて、将来結婚できたらいいなぁ程度のものでした。

父親のガン宣告後、当時の妻は言葉が出ないほどショックを受け、体調を崩して通院する毎日。私自身も何もしてあげられなくて眠れない毎日が続いてました。

なにか自分たちにできることを・・・。妻と私の思いは同じでした。

「今、俺たちにできることをしよう。お父さんに花嫁姿を見せてあげよう。」

彼女は涙ながらにコクリとうなずきました。両親に結婚の意思を伝え、それから10日後、父親の入院先のそばにある教会にて式を挙げました。

抗がん剤の影響で体調を崩していた父は車椅子で会場に到着しましたが、バージンロードは本人の希望もあってぜひ娘と歩きたいと。

娘に支えられながらバージンロードを歩きぬいた姿は一生忘れません。父は亡くなる前、私にこう言いました。「今までありがとう。娘をこれからもお願いします。」

新居には結婚式の時に、亡くなった父を間にはさんで花嫁姿の妻と私と3人で撮った写真を飾っています。私は亡き父との約束は一生忘れません。妻を一生守る。幸せにすると。




(管理人のコメント)
このプロポーズの言葉は人によって捉え方が色々とあるでしょうが、私はなんと素晴らしい言葉だろうと、この二人の純粋な家族愛に心を打たれました。

二人が幸せになるために結婚式を挙げるなんて当たり前。

それより先を見て結婚式を挙げたいものです。


それは「周りにいる人も幸せになるような結婚をすること」



私は愛する二人が二人の世界を作ってラブラブであればいいという意見に賛同もしますが、やはりその周りを含めた家族・友人まで幸せにできるような“影響力”の結婚をしたいし、またそのような家庭を作りたいです。

もはやこの二人の結婚は二人の愛の誓いだけで成り立っているのではありません。

亡くなった父の「幸せな家庭をよろしく頼む」という約束までもが二人の結婚生活を支えているのです。


なんと強き絆。

そして迷わずお父さんのために「結婚式を挙げよう」と決めた、その無私の精神を持った二人の人格に・・・・・・乾杯!!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

クレジットカード 割引価格